Local Color

働く母さんのブログ。本ブログの内容は個人的なものであり、私の所属する企業等の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

長距離移動での幼稚園児向けおもちゃ

うちの5歳・3歳は乗り物酔いが少ないので、新幹線や飛行機には遊べるものを持ち込みます。色々試した中で、良かったものを中心にいくつか挙げてみました。

お絵かきセット

まずはらくがきちょう、というより大量の白紙。渡すと勝手に絵を描いたり塗ったりしてます。線があるノートは論外としても、色画用紙は変化があっていいかと思いきや、絵が描きづらいようで不評でした。

描く方の道具としては、クレヨンは描きやすいけど重め、ペンは軽いけど塗り味が単調で飽きやすいので、移動時間が長いときはクレヨン、短いときはペンのセットにします。机についてしまうことがあるのでウェットティッシュも必須。

黒ペンも持っておくと、自分が絵を描いて塗り絵も作ってあげられますが、序盤から出すと何枚も描かされて大変なので、終盤に困ったときに出すぐらいで良いと思います。

折り紙

キラキラや模様入りでなくても全然良いので、それなりの枚数を持っていきます。セロテープもあると工作や大作に発展できるので良いかもしれません。

シール

丸シールが一番便利。子供の手先の巧緻性によりますが、年中ぐらいまでは一番小さいものは外す方が良いかもしれません。白紙にモザイク的に模様を作ったり、描いた絵をデコったりと、複数の遊び方があります。

モンテッソーリのお仕事のようなシール貼りも、3歳ぐらいまでは保育園でよくやっていたので、台紙をプリントアウトして持っておくといいと思います。

 シールブック的なものの場合、うちは1枚絵になるものの方がじっくり取り組めるようです。例えばこういうの。

ハローキティ どこでもシールバッグ

ハローキティ どこでもシールバッグ

 

下記のような冊子の場合、複数のページがあるから楽しめるということでもないようで、1ページ当たりのシール枚数なり密度なり貼る場所の自由度なりが中途半端になるのか、うちの子はすぐ飽きます。うちは1つのことをじっくりとやるのが苦にならない方なので、気が散りやすい子は逆に合うのかもしれません。

はじめてのシールブックセット

はじめてのシールブックセット

 

本 

子供とのやり取りがあって、聞くだけで終わらないもののほうが、集中力も続くし気分が変わって良いようです。あとは読みきかせする自分が楽しいもの。自分も疲れているので、楽しくないと苦痛です。

 我が家の鉄板はおしりたんてい。うちは、上の子(年長)が勝手に1人で読んだり、下の子(年少)に読み聞かせながら一緒に遊んだりもできるので、小さいサイズの方を持っていきますが、上が年少ぐらいのご家庭は大きなサイズの方が良いかもしれません。

おしりたんてい いせきからのSOS (おしりたんていファイル)

おしりたんてい いせきからのSOS (おしりたんていファイル)

 

 「ざんねんないきもの事典」は、親がちょっと話を膨らませる必要がありますが、1トピック1、2ページで終わるし、目次を見せて「次どの生き物にする?」と選ばせながら読めるので、気分転換になります。

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

 

iPad

うちのiPadに入っているアプリは下記の通りですが、アップデートをしていない、ネットワークがない、といった場合に使えないものも多いので、事前の確認が必要です。

Amazon Primeビデオでしまじろうやトーマスをダウンロードしておいたりもするのですが、毎回なぜか集中力が続かず30分ぐらいで飽きるので、期待しないようにしています。

 

普段保育園などで慣れているものの方が長時間遊べるようで、全体的にシンプルなものに落ち着いています。

5歳の(絵)本

上の子の保育園では、年長になると昼食後の昼寝がなくなり、その代わりに読書など静かに遊ぶ時間になるようです。そのおかげか、帰宅後、夕食後に下の子がまだ食べている間などに、静かに1人で本を読む時間が増えました。

 

併せて私からも、徐々に「絵本ではなく文字中心の本の体裁をしたものにもっていく」「漢字まじりで総ルビの本も混ぜる」という方向で考えているのですが、絵本と本の中間の体裁で今子供がはまっているのがおしりたんてい。

どこから知ったのかまずアニメのテーマ曲を踊っていたので原作を見てみたところ、ちょうどいいボリュームだったので、徐々に増やしています。

 

わくせいキャベジは絵本というよりは図鑑風で、結構難しい漢字も使ってますが、コンセプトが好きみたいで子供が良くパラパラと見ています。こういうのももっと発掘していきたいところ。

わくせいキャベジ動物図鑑

わくせいキャベジ動物図鑑

 

 

おしりたんていきっかけで、同じようなサイズの本も読むようになりました。

エルマーのぼうけんは5歳になりたての頃に買っており、当時は見向きもしなかったのですが、おしりたんていと同じサイズでボリュームもそう差がないので横に並べておいたら、勝手に読むようになりました。

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

 

 

 小沢健二なので家にあったもの。総ルビとはいえまあまだ読めないでしょう、と思っていたら、たまにパラパラしているようです。

 

ゾロリは私は未読だったので試しに1作目を買ってみたのですが、ゾロリって悪者だったのか、どうしようかなあ…と思いましたが、とりあえず新作も買いました。これも自然に読んでいます。

 

1人で片っ端から読むようになった時点で「もう放っておけばいいか」という気もする一方、文字ばかりでも読めるようになるまではもう少しかかりそうなので、良いブリッジを見つけたいところです。

 

追記:友人からくもんのすいせん図書をすすめてもらいました。これは確かにステップが刻めてて良い感じ。

 

4歳以前はこちら。

手話のはなし

2月に異動した部署にろう者の同僚がいたことをきっかけに、手話に触れる機会ができました。

日本語と日本手話の文法は違う

例えば「何か飲みたい?」だと「飲み物+希望+疑問形」となるようです。
Eテレの「みんなの手話」では第1回目から明確に文法の違いの話をしていたので、非常にわかりやすくなりました。

www.nhk.or.jp

顔の筋肉を動かす必要がある

手だけではなく表情も文法の一つで、疑問形は眉を上げたりする必要があります。慣れていないと動かないので、全然できません。

blue.ribbon.to

方言がすごい

英語手話というものはなく、アメリカ手話とイギリス手話ではアルファベットの指文字から違うようです。同僚を見ていると、通訳さんと固有名詞などの未定義語のサインをしばしばその場で決めていたりするので、方言ができるのも自然だと思いました。

アメリカ手話 - Wikipedia

遠くやガラス越しでも喋ることができる

見えればいいので、うるさい場所や、大部屋の端と端、ガラス越しなどでも喋ることができるようです。便利。

大勢の人が手話で話していると賑やか

会社でろう者に自社のアプリを紹介するイベントがあったので少しだけ参加したのですが、会が始まる前に皆が手話で会話しているのを見ると、漫画で「ガヤガヤ」とか「ペチャクチャ」とか入ってるコマのような賑やかさだなと思いました。

実際、手話でも動作を小さくすればひそひそ話になるようです。

手話を長時間見ているとすごく疲れる

自分は聴者で、耳から入る情報は雑音をフィルターアウトして欲しい音だけを集中して情報処理するようなのですが、一方で目からの情報はいわゆるカクテルパーティー効果が効かないらしく、上記のイベントのランチタイムなどにそこかしこで雑談をしているときは視界の複数個所がちらちらして、何か意味のある情報を抽出しようとしても全然できませんでした。言語への理解度もあり、何もわからないのに情報量の多い映像だけ流れてきてただただ疲れていくという…。

カクテルパーティー効果 - Wikipedia

 

同僚と喋るときに使える単語をおぼえたり、Eテレを見たりするだけですが、異文化交流感があってちょっと面白いです。

3歳・5歳とワンオペ子連れ香港旅行に行きました(2回目)

1泊2日で子供2人とワンオペで香港旅行に行ってきました。たぶん完全ワンオペ海外は初めてです。

事前準備

毎度のこちら↓の持ち物表と「子どものより安全な旅行のために7 子供の海外旅行」の再読。

今回の行程

計画

1日目午前中に香港の空港に着き、阿鴻小吃で昼ごはんのテイクアウトをしてディズニーランドに直行、夜まで遊び、晩は鏞記酒家甘牌燒鵝、2日目は蓮香樓か蓮香居で朝を取りディズニーランド2ラウンド目かハリウッドロードやキャットストリートなどの観光をし、行ければ陸羽茶室天龍軒で昼ご飯を食べて、空港の翡翠拉麺小籠包でご飯を食べて帰る。

実際の1日目

4時に子供を起こしておむつだけ替えてタクシーへ。子供たちは意外と元気に飛行機に乗り、機内で寝てくれたので楽でした(特に下の子は殆どの時間で)。

離陸6:30着陸10:15頃で空港のカスタムコントロールを出たのが11時過ぎ、そのまま何洪記でご飯へ。海老の卵の麺を食べたところパサパサしてたので、子供が食べた海老雲吞麺の方が美味しかった…。

f:id:ehonyomi:20180318194642j:plain

日本から買って持ってきた香港SIMをスマホに差し手持ちのオクトパスカードにチャージして電車を乗り継ぎ、1時間ちょっとかけてディズニーランドへ。チケット売場は混んでなかったれけど、事前購入すると1アイテムごとに15HKD割引のあるクーポンがつくのでお得。

入口手前で荷物を預けて回り始めたところ、意外と混んでいて、40分待ちはざら、60分のものもあることがわかりました。結局ショーをチラ見しながらC-3POのグリーティング、イッツアスモールワールド、カルーセル、グリズリー・ガルチに立ち寄るぐらいで何となく歩いて1周し、最後に鉄道に乗って18時ごろ撤退。

19時ごろ香港駅について鏞記酒家にタクシーで行こうとしたら、1台目に道が面倒だし歩けるしと断られ、他のタクシーを捕まえようとしたりしつつ迷いながら結局徒歩でお店に到着し、イートインが40分待ちだったので持ち帰りにしてホテルで夕食。

ちなみにホテルはTravelodgeというところで、3人でクイーンの1ベッドを予約していた我々を憐れんだのか2ベッドに変えてくれました。優しい。隣に立派な遊具のある公園もあるしホテルの前でタクシーも拾えるので、子連れには悪くないと思います。

実際の2日目

朝は徒歩で蓮香居へ。2回目にして初めて子供椅子の存在を知りました。2階会計の右のドアを勝手に開けて取っていいらしい。難しい。
ローカルに人気で、回ってくるワゴンのおばさんから点心をもらって会計用のカードにハンコを押してもらうという、難易度の高いお店なんですが、香港も子供好きな人が多く、常連のおじさんが手招きしたのでお隣にお邪魔したところ、お茶をついでくれたりワゴンのおばさんにハサミで小さく切るよう頼んでくれたり親切にしてくれました。
ちなみにおじさんのおすすめは、叉焼まん(有無を言わさず置かれた)、マーラーカウ(お腹一杯だと言うとおじさんのおごりになった)、魚の浮袋?の湯葉巻(美容にいいらしい)、牛筋を煮たようなもの(子供が嫌がったので食べなかった)のようです。「日本人はたいてい英語が喋れないけど君は上手いね」と言われ、私にも菊の入った緑茶をくれました。美味しかった。

f:id:ehonyomi:20180318215454j:plain

食べすぎたので子供のうんち待ちでTravelodge横の公園でしばらく遊び、電車で10:30頃にディズニーランド2回目。前日見回った感じから入口とは逆のファンタジーランドに絞り、入ってすぐに列車に乗って向かったので、ファストパスを取ったプーさんとカルーセル×2、ティーカップ、ダンボに乗り、休憩がてらパレードも15分前からスタンバイして最前列で見ることができました。

f:id:ehonyomi:20180318220121j:plain

15時過ぎに撤退して空港に着いたところフライトの1時間の遅延が判明。ターミナル2には航空博物館ややる気のないキッザニアみたいな施設があるのですが、その中でカップラーメン制作体験に課金。

セキュリティコントロール後に食事をしようとしたところ、あまりいいところがなく味千拉麺で夕食を食べて搭乗。結局1時間半遅れで羽田に着きました。

今回の学び

深夜早朝便は子供が寝るので親が気疲れしない

前回は昼間だったので時間をつぶすのにとても苦労しましたが、今回は結構寝てくれたので楽でした。読みたかった本まで読めたりも。

復路は念のため空港まで夫に迎えに来てもらいましたが、下の子を抱っこ紐で抱えて何とかなるレベルだったので、ベビーカーを持っていけば夫の手を煩わすことはなかったかも。

迷子タグをつけるべき

万が一迷子になったときに備え、体にサインペンで名前と国籍と電話番号を描くという荒業に出てみたのですが、上の子にとても怒られたので、次回からは迷子タグを用意しようと思います。

空港からディズニーランドまではタクシーで行けばよかった

120HKD(1800円)ぐらいなので、電車2回乗換えの手間と時間を考えるとタクシー直行で良かったなと思います。もっと言えばホテル~ディズニーランドもタクシーで良かった。

香港エクスプレスは機内食を頼んでしまっても良かった

ターミナル2だとセキュリティチェック後に食べるところもあまりないので。機内食の点心も1000円ぐらいだったのでそちらの方が良かった。

夕方のLCCは遅れる

時間が遅いほどLCCは確実に遅れていくことを私はいいかげん覚えるべき。

今回のお金

1HKD15円換算で固定費はエアとホテルで78000円、ディズニーランド2デイパス3人分で23500円、羽田往復に10000円強で121500円。

ディズニーランドでの荷物預け×2が意外と高くて3500円強、オクトパスカードのチャージが2000円強、タクシー2000円弱、などで合計138000円。

香港エクスプレスのセールで取ったので、エアが安く済みました。

 

2日にしては堪能できたのではないかと思います。次の日は私がダウンして1日寝てたけど…。

 

以前の旅はこちら。

5歳と日帰りで名古屋のレゴランドに行きました

5歳の上の子の強い希望により、2人で日帰りで名古屋のレゴランドに行ってきました。結構楽しめたので、気づいたことを書いておきます。

顧客ターゲットが明確すぎる

次のような家庭にはとてもおススメ。

  • 浅草花やしきがちょうど合っていて、お金を多く払ってでも混んでいないところに行きたい家庭
  • 身長130cm未満の子供に、同数かそれ以上の数の大人を同伴できる家庭
  • 広くて綺麗で遊具の充実した公園に行きたい、105㎝以下の子供を持つ家庭

逆に次のような人には薦められないです。

  • ワンオペで130㎝未満の子供を2人以上連れていく
  • 大人だけで行く

というのも、以下のような特徴によります。

  • 殆どの乗り物が身長90cm以上、105㎝以上のものも多い
  • 90cm以上対象でも、130cm未満だと大人の付き添いが必要なものが多い
  • 定員2人の席の乗り物がやたら多い
  • 世界観が(レゴで遊ぶ)子供にマッチ

身長制限については東京ディズニーランド (TDL) の方が緩くて、例えばメリーゴーランド的なものは「1人で座れればよい」ですが、レゴランドの場合は90㎝以上かつ横に支える大人が必要です。また、うちが乗ったものでは2つを除いた全てが、130㎝未満は1人では乗れないものでした。なお、レゴランドはいくつか105cm以上を公式な判定基準とした乗り物がありますが、あまり厳密ではなく、105㎝あるかないかぐらいのうちの子でもわりと余裕でメジャーをクリアしていたので、運用上は102cm以上のTDLとあまり変わらないかなと思います。

とはいえ、各エリアにしっかりとした遊具があるので、105cm未満も、近所に住んでいれば「広くて遊具が多い公園」として年パスを持つのはとてもアリだと思いました。各エリアに1つずつ、遊具が充実したプレイスペースがあるので。

ワンオペ2人以上については、1人で待てる場合にはまず子供1人目と大人1人で乗り、次にもう1人と一緒に乗って先に乗った1人は待つという特例がある、とどこかで読みましたが、やっていないので定かではありません。でも自分が2回乗り、各回子供を待たせる、というのは、結構なストレスなように思います。

とにかく空いてる

閑散期なのかもしれませんが、土曜の10:30に着いて、昼食を交えながら15:30頃に1周を終える間に12のアトラクションに乗っており、その後17時までの1時間半でもう半周しながら6個乗れました。最大でも2回ほど待てば乗れる混雑具合。特に最後の半周はめっちゃ空いてた。近ければ絶対に年パス買います。

内容は広くてカラフルで豪華な浅草花やしき

私は関西出身なので行ったことのある東京近隣の遊園地は少ないのですが、レゴランドはがっつり子供に特化しているので、とにかく花やしきを思い出しました。花やしきは大したことのないアトラクションがやたら混んでるので、混むのが嫌だけど子供を遊園地に連れて行ってやりたい人にはレゴランドはおススメです。品川からでも新幹線が大人で往復2万円、片道2時間かかるけど。

よくディズニーリゾートやUSJとは比べられていましたが、大人をターゲットにしていないので、比較自体がナンセンスかなと思いました。

 

子どもの強い希望で行ったのですが、日帰りでも1.5周回れたので、わりと有意義だったと思います。今後はよみうりランドとしまえんなども行って比べてみたいと思います。

我が家の家事育児の所要時間・頻度と分担割合について調べました

2017年2月に、「自分の方が家事育児をやっているように思えて不満なのだが、実際そうなのか」を検証すべく、やった家事育児とかかった時間を記録していたものが出てきました。

我が家の家事育児とその所要時間・頻度の一覧

自分と夫が何をしたかの実際の記録は省略しますが、2週間で実際にやっていた家事育児一覧と、そこから出した大体の所要時間・頻度がこちら。

f:id:ehonyomi:20180125205909j:plain

Twitterで流行ったいわゆる「名もなき家事」ももちろん含めてあります。

子供は当時4歳半・2歳半、保育園通いではあるものの、

  • 掃除は週に1回外注、それ以外での掃除はせず
  • 食器洗いは食洗機
  • 生鮮食品はらでぃっしゅぼーやの宅配と週1回のスーパーの買い物
  • 生鮮食品以外の食品、日用品は基本的にAmazon
  • 食事はまとめて週末に作り置きし、平日は温めて出すだけ

と比較的家事の時間を削っている我が家ですが、それでも1週間あたりタスク数113、34時間になりました。フルタイム1人分の勤務時間です。毎日ワンオペでちゃんとご飯を作って自分で掃除や皿洗いをしていたら完全にブラックな職場です。

分担割合

2週間分の「誰が何をやったか」から出した、タスク数と使った時間が以下です。

f:id:ehonyomi:20180125210115j:plain

自分の感覚では半々より少し私の方がやっていると思っていましたが、時間にしておよそ2:1でした。タスク数で見た時の方が割合が高いので、細かいタスクをたくさん持っているのが負担感を強めていたように思います。

その後は計算していないですが、1年弱後の現在、おむつ補充など一部タスクは夫に切り出したりしましたし、子供が自分でできることも増え、保育園の迎えもシッターを入れて減らしたりしているので、おそらくこれよりはバランスが良くなったのではないかと思います。

ログを取るのは、やってみるとそんなに大変ではないので、家事育児の分担に不満感がある方におすすめです。

5歳からのスプラトゥーン2

昨年、サンタさんが私にもスプラトゥーン2をくれたので始めました。ありがとうサンタさん。 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)  Nintendo Switch 対応
 

そしてとうとう今月から5歳の上の子も始めました。

実施期間

いつから始めたか記憶がないのですが、少なくとも1月6日以降ではあるはずなので、大体10日~2週間程度だと思います。1日レギュラーマッチを最高で3回、大体は1~2回です。未だなおらない指吸いをしなければ翌日プレイできることになっているので、できない日もあります。私がやるところ(1日30分ぐらい?)はじっと見ています。

なお5歳というのは、正確には5歳3か月で、年中にあたります。

現在出来ること

  • 自分の色に塗られていない地面をローラーで塗る
  • 自分の色に塗られていればイカで移動する
  • インクがないことに気づき、潜って補充する
  • そばに敵が居ればローラーを振って倒す
  • 塗れる地面かそうでないか判別する
  • 金網で落ちて困るところではイカにならない
  • 壁を登る
  • 登りたい壁が塗られていなければ塗る
  • 一番上のイカマークが各人の生死などを示していることを理解する

基本ルールを理解し実際に操作できています。

できないこと

  • サブウェポンが打てない
  • スペシャルが打てない
  • ローラー以外は使えない(使いたがらない)
  • ガチヤグラなど一部のガチマッチのルールが理解できない
  • 戦況(画面上部の数字の意味)が理解できない
  • 大局が理解できない

サブウェポンやスペシャルについては、たまにやろうとしているのでそのうち習得するかもしれません。ガチマッチのルールも徐々に理解している節あり、数字も何回か説明すればいけそうな気がします。(自分がやっているときに見れるかどうかは別)

※半年後の追記

  • スペシャルは打てるようになった
  • サブウェポンもうてるけどインクが早く減るから嫌らしい
  • サーモンランはたつじんになった
  • ガチマッチのルールも戦況も大局も理解できた

結論:5歳もわりと普通にできる

意外と普通に出来ているので結構驚きました。私がやっていると、「イカさんになってジャンプしたらいいんじゃない?」とヒーローモードの入口の場所を一緒に解いてくれたりしています。まだまだ伸びしろがあるので、どのように理解して実行できるようになるのか、もう少し継続観察していこうと思います。

なお、3歳の下の子はさすがに全然できないのですが、右上のメーターが満タンになると「キラーンってなったよ!」と教えてくれます。これはこれでありがたい。

子供にゲームをさせることについて

子供にゲームをさせることは賛否両論あるかと思いますが、うちの子は親に似ず、1~2回でやめることができます。偉い。なので、今までトーマスやアンパンマンを見ていた時間がスプラトゥーンに変わった程度。

逆にテンション高く遊ぶ分、終わった後に「じゃあお風呂が沸くまでしまじろうのキッズワークしようね」と切り出しやすくなり、ためていたキッズワークがどんどん進んでいっています。私が迎えの日(週2日)の平日の流れはこんな感じ。

 18:15 保育園にお迎え
 18:45 帰宅
 19:00 夕食
 19:30 スプラトゥーン
 20:00 私は食器片づけと風呂準備、子供はキッズワークor/andピアノ練習
 20:20 歯磨き
 20:30 子供の風呂
 21:00 布団で絵本読み~就寝

だいぶ良い。むしろスプラトゥーン前より良い。ゲーム内の頻出漢字も読めるようになりました。あと「ぬりたく~る、テンタクル!」をいつもやってくれます。可愛い。

なので、今のところはそんなに害はないかな、と思っています。

ちょっと怖かったこと

子どもも私のアカウントでやっているのですが、目を離したすきに勝手に新しい服を買っていました。「フク2つ買っちゃった♡かわいいでしょ♡」って、ママそれ新しいブキのために貯めてたお金よ。

ゲーム内のお金とはいえちょっとヒヤッとしました。そろそろスマホタブレットで簡単にAmazonなどで購入できるようになっていないか、設定の見直しが必要かもしれません。

追記:さらにずっと上がいた