Local Color

六本木でソフトウェアエンジニアをしている母さんのブログ。本ブログの内容は個人的なものであり、私の所属する企業等の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

0歳の絵本

以前はてなダイアリーで絵本の記録をつけていたのですが、途中で頓挫したのでこちらでもう一度まとめることにします。まずは0歳の時に読んだ本。

なーんだなんだ (あかちゃんの絵本)

なーんだなんだ (あかちゃんの絵本)

 

一番最初に手ごたえを感じた本でした。

 

たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)

たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)

 

これも確か「なーんだなんだ」の次に手ごたえがあった。でも同じ作者の「はなのさくえほん」などはあまり反応が良くありませんでした。 「たまごのえほん」は、「ぺりっ」「ぴょこ」という擬音語・擬態語と、小さい子にもめくりやすい仕掛けなのが良いのだと思います。

 

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

 

Amazonでランクが上のものはやはり好評です。ひざの上で「がたんごとん」と揺らしながら読めるので親子の交流にももってこいでした。

 

つつつつつー: なぞって たどって ゆびあそぶっく (0・1・2さいのえほん)

つつつつつー: なぞって たどって ゆびあそぶっく (0・1・2さいのえほん)

 

カラフルなのが良いようで、0歳は見て聞いて楽しんでいました。2歳になった今、やっと指でなぞり始めています。

 

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

 

先に書いたとおり、上の子は長い話が平気なので、最後までちゃんと見ています。

Let's Play

Let's Play

 

英語の本は0歳の時には少し読んでいました。1歳の言葉を覚え始めるときには一度やめて、また2歳で再開しています。これは好きなようで、2歳の今は自分から私のところに持ってくることがあります。

 

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

 

さまざまな色と動物が出てきて良いかと思って読んでいて、よく見てのですが、2歳の今はあまり手に取らないです。

雑感

上の子の0歳の時の記憶はもう薄くなってきましたが、読んでいるときに笑ったり、集中して見ていたりしたので、よく読んでいたような記憶があります。上の子は集中力があって長い話も平気なので、「おおきなかぶ」程度の長さなら読めました。

一方、私がストーリー性のない絵本が苦手なのが伝わるのか、「じゃあじゃあびりびり」のような本はあまり反応が良くありませんでした。1~2ページごとに小さな承・転を繰り返す本が私にも読みやすく、子供も面白かったようです。

 


以前の記録はこちら。